視力回復の方法とおすすめの目のサプリ

視力検査の結果がじりじりと悪くなっている、まだ老眼じゃないとは思うけど心配…。そんな不安はスッキリ解消したいですよね?ここでは、目が悪くなる理由と視力の回復方法、厳選した目のサプリの紹介をしています。

視力は回復する?効果的な視力回復方法と目の守り方

目がかすむ、ショボショボする、近くのものが見えにくい、健康診断で測る視力もガクンと落ちた・・・。

老眼が心配な50代60代はもとより、40代前後の人もドキっとする話題ですよね。

一度落ちた視力は回復しないと思われがちですが、実は疲れ目やドライアイをケアすると視力が戻る場合もあるんです。

そこで、目をスッキリさせるマッサージやトレーニング法、視力ケアサプリなど、自分でできる視力回復法を紹介したいと思います。

まずは、健康診断で受ける視力検査の意味など、視力の基礎知識から説明しますね。

健康診断で視力を調べる大事な理由

別に健康診断で視力を調べなくても、目が見えにくくなったらコンタクトやメガネを買えばいいのでは?と思いがちですよね。

しかし、健康診断で視力を調べるには大きな意味があるんです。

目のトラブルは自分で気付けない事があるから

人間は多少目が見えにくくなっても、その視界に慣れて違和感を感じない事があります。

そのせいで、失敗や事故のリスクが高まりますし、目の病気に気がつかない事すらあるんですね。

そこで、ランドルト環というCの字に似た図形を使った視力検査でチェックするんです。

通常、一般的な健康診断では視力検査の距離は5mに定められており、専門的には遠見視力と呼ばれる検査項目になります。

参考:文部科学相 一般定期健康診断検査方法の手引き等の送付について

視力検査の正常値はどのくらい?

しかし、肝機能などは基準値がありますが、視力検査の正常値はあるのでしょうか。

健康診断での視力検査正常値は1.0

結論から言うと、視力検査の正常値は1.0になります。

片目で直径7.5mm、太さ1.5mm、切れ目1.5mmのランドルト環がクッキリ見えれば1.0です。

視力検査表で言えば4番目の小ささ、けっこう正常値をマークするのは大変なんですね。

運転免許は0.7以上なら取得更新OK

また、健康診断とは別に、運転免許交付OKな視力は0.7と定められています。

0.7以下になってしまうと免許の更新もできませんので、メガネやコンタクト、レーシック手術などで視力を矯正する必要があるんですね。

メガネが必要な視力も0.7以下、0.3を下回る場合は常にコンタクトやメガネをしないと不便なレベルと言われています。

正確に自分の視力を把握して、それに合わせてメガネやコンタクトを使いたいですね。

一時的な視力低下なら回復する可能性アリ

ただ、健康診断の視力検査の結果が本当の視力ではない場合もあります。

疲れ目、ドライアイ、寝不足、ストレスなど、様々な理由で視力は一時的に下がる事があるんですね。

眼球が変形する軸性近視などは回復が難しいですが、一時的な視力低下なら回復が間に合うんです。

また、40代に多い初期の老眼を食い止めるにも、目のセルフケアは有効なんですよ。

そこで、一時的な視力低下をケアする方法を紹介したいと思います。

間に合ううちに!簡単3つの視力回復法

目がしょぼしょぼ、ゴロゴロ、なんとなく見づらい、それならまだ視力ケアが間に合う段階です。

  • 目の毛様体筋をほぐしたり鍛えると目が楽に
  • PCやスマホのブルーライトをカットしよう
  • 視力ケアサプリで目を疲れと刺激からガード

疲れやコリを取り、目を刺激から守ってあげれば機能が戻って来るんですね。

ピントを調整する毛様体筋が視力回復のカギ

目の水晶体を調整している筋肉を毛様体といいますが、ここをケアするのが視力回復のカギです。

ここが疲れて凝ってしまうとピント調整が上手くいかなくなり、視力が落ちてしまいます。

例えば、歩き疲れた足はズシっと重くて上がりませんよね。疲れて視力が落ちた目も同じなんです。

なので、目のコリをほぐし、疲れにくい強い毛様体を作ると視界がハッキリしてくるんです。

毛様体をほぐしたり鍛える3つのメソッド

  • 目のマッサージで毛様体をゆるめて視力ケア
  • 温めると目が潤って毛様体のコリもスッキリ
  • ピンボケ部分をじっと見つけめる目の筋トレ

まず、手軽にできるのが目のマッサージです。

眉毛の下ライン、目がしら、目の真下、こめかみを順番に刺激してあげると、視野がぱっと明るく見えやすくなりますよ。

あと、ホットアイマスクや蒸しタオルで目を温めるのも効果的です。

目のコリがほぐれるだけでなく、温めれば眼球を保護する油分がサラサラと行き渡りやすくなるんですね。

おかげで目が潤ってドライアイが解消し、視力も回復しやすくなります。

ピントを合わせる視力訓練法で毛様体を鍛えよう

そして、ピンボケで良く見えない部分を見つけ、そこにピントを合わせる訓練も視力回復に有効です。

ピンボケ部分をじっと見て、ハッキリ見えてきたらキープして休む、これを数セット毎日繰り返します。

おおよそ2週間ほど続けると視力が変化する人が多いので、ぜひ習慣にしてみましょう。

ブルーライトをカットするグッズで目を守る

ほかにも大事なのが、パソコンやスマホから出る有害なブルーライトから目を守る事です。

ブルーライトをカットするメガネをかけたり、画面にフィルターを貼る、液晶の明るさをを抑えてみると目が楽になるんですね。

使って数日で「おっ、目が楽かも?」という実感が出てくるはずです。

なぜブルーライトが目に悪いのかはページ後半で詳しく説明してるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

目の健康に視力ケアサプリが欠かせない時代に

そして、老眼世代に人気の視力ケアサプリも、疲れ目や視力ケアにもってこいです。

目をブルーライトなどのダメージから守りつつ、毛様体のコリもケアしてくれるんですね。

ちょっと専門的な話題になるので、視力ケアサプリについては次で詳しく紹介します。

視力や老眼対策の新常識!視力ケアサプリのメリット

今話題の視力ケアサプリとは、ルテインやアントシアニンなどの天然色素の錠剤です。

  • ブルーライトから目の組織を守ってくれる
  • 目のコリをほぐして視力をケアする成分配合
  • 加齢黄斑変性や老眼などのリスクにも影響

天然の色素が目に届き、サングラスのように網膜や水晶体をブルーライトから守ったり、毛様体のコリに良いビタミンなどが添加されている優れものなんですね。

CMでおなじみのブルーベリーのサプリもアントシアニンが豊富で、この視力ケアサプリに含まれます。

今や老眼が心配な人の常備アイテムになり、コンビニでも買える大ヒット商品なんですね。

失敗しない視力ケアサプリの選び方3ポイント

ただ、ルテインやアントシアニンの視力ケアサプリは大人気なので、いろんな商品が売られています。

中には有効成分の配合が少ないものもあるんです。そこで、本当に効くサプリを選ぶコツを紹介しますね。

  • ルテインの量は1日分10mg以上入っていれば合格ライン
  • セットでゼアキサンチンが入っていると目の保護効果UP
  • クロセチンやビタミンB群などコリほぐし成分入りも◎

ルテインの量は1日10mg以上を、その働きをUPさせるゼアキサンチンが入っているものが理想的です。

クロセチンやビタミンB群など、コリほぐしの成分も目の毛様体に作用して視力をサポートしてくれます。

このコリほぐし成分は首や肩、腰のコリにも良いので、全身のコリが辛い人にもおすすめですよ。

コリをほぐし、ブルーライトから目を守る事で、一時的に落ちた視力なら変化が期待できるんです。

おすすめの目のサプリランキング

しかし、自分で成分表示や成分量をチェックして選ぶなんて、ちょっと難しいし面倒ですよね。

そこで、おすすめ視力ケアサプリを厳選して紹介したいと思います。

成分もコスパも合格点、スマホからパッと買えるものばかりなので、試して損なしですよ。

視力が落ちる5つの理由と原因

ここまで視力とは何か、視力のケア法やおすすめのサプリを紹介しました。

しかし「どうして私、視力が落ちたのかしら?」とまだピンとこない人もいると思います。

そこで、視力が落ちる原因についてもまとめますね。

  • 実は40代からスタートする老眼
  • スマホやパソコンのブルーライト
  • ドライアイや疲れ目を放置する
  • 近視・遠視・乱視による視力低下
  • 白内障や緑内障など目の病気

視力が落ちる理由もひとつではなく、代表的なものだけでもこんなに原因あるんです。

まだ若い40代から老眼は始まっている

40代になってから目が見えにくいし、視力も落ちてきた・・・という人は、若くても老眼かも知れません。

ショッキングな事ですが、老眼が始まるのはおおよそ45歳くらいからで、思ったよりずっと早いんですね。

老眼は目のレンズ、水晶体が硬くなる事でピント調整が上手くいかなくなって視力が落ちる現象です。

その目の老化をゆるやかにするのが、視力ケアサプリに含まれるアントシアニン、ビタミンCなどの抗酸化成分になります。

40代から視力ケアサプリ飲み続けていれば、10年、20年後の見え方が変わるんですね。

スマホのブルーライトが目を傷める理由

そして、近眼や老眼など視力が落ちる理由を作るのが、スマホやPCから出るブルーライトです。

光にはそれぞれ波長が存在し、青い色は人間がピントを合わせにくい色です。

そのやっかいな光を見つめ続ける事で、人間の目はクタクタに疲れてしまうんですね。

ブルーライトによる疲れ目が悪化すると、治らない近眼へ進行してしまうんです。

この疲れ目に予防と対策をしてくれるのが、飲むサングラス成分のルテインになります。

オフィスワーカーやスマホをよく使う人にも、ルテイン配合の視力ケアサプリがおすすめなんですね。

ドライアイの不快感も視力低下に繋がる

パソコンやスマホのブルーライトは疲れ目も招きますが、画面をじっと見るあまりに瞬きの回数を減らす悪影響もあります。

まばたきは涙の潤いを行き渡らせる大事な動作なので、それが減るとドライアイになってしまうんですね。

ドライアイになると目がゴロゴロ痛かったり、かゆくなったり、目も疲れやすくなります。

そうなると、さらに視力低下しやすくなるので、疲れ目もドライアイも放置しちゃいけないんです。

ドライアイ用目薬やホットアイマスクなどで応急処置をし、目の潤いを確保しましょう。

眼球や水晶体が変形すると視力回復が難しい事も

疲れ目の放置や老眼のほかに、目のパーツが変形してしまう事で視力が低下する場合もあります。

  • 眼球が横長に変形する軸性近視
  • 眼球が縦に伸びてしまう軸性遠視
  • 水晶体が変形して起きる乱視

眼球そのものが変形したせいで、網膜に像を正しく結べない近視や遠視は子供のうちから発症する人も少なくありません。

ほかにも、水晶体が変形している事で視界の一部がぼやける乱視などもあります。

残念ですが、眼球や水晶体が変形してしまった場合はメガネやコンタクト、レーシックなどの手術で視力を戻すほかありません。

ただ、同じ近眼でも疲れ目から進行する仮性近視なら、視力ケア次第で回復する事が多いんです。

眼球が変形してしまう前に、しっかりケアしたいですね。

目の見え方が変わったら注意したい3つの眼病

  • 老眼が進行して白内障になってしまう事も
  • 雲がかかるように視界が欠けてくる緑内障
  • 見たい場所の視界が欠ける加齢黄斑変性

老眼が進行して水晶体がもっとダメージを受けると、視界がぼやける白内障に進行する場合があります。

また、徐々に雲が視界にかかるようになり視界が欠ける緑内障も失明につながる可能性がある病気です。

そして、網膜のダメージが原因で、見たいと思う場所の視界が欠けて見える加齢黄斑変性も怖いですね。

「見え方が前と違うかな?」と思ったら、すぐに眼科のドクターに診察してもらうと安心です。

ちなみに、視力ケアサプリに入っているルテインは、加齢黄斑変性を防ぐ性質もあります。

視力を保つだけでなく、目全体の健康に視力ケアサプリは有効なんですね。

老化や刺激から視力をガッチリ守ろう

まとめると、視力低下と疲れ目、ドライアイは密接な関係があり、サプリなどで間に合ううちにケアするのがベストなんですね。

  • 疲れ目やドライアイの放置は視力低下へ一直線!
  • 視力低下や眼病の予防に視力ケアサプリが有効
  • 目を温めたりマッサージするのも視力ケアに重要

ルテインやアントシアニンのサプリを飲んだり、目の温めやマッサージも効果的な方法です。

中でも、老眼の入り口世代で目を酷使する40代は、まだ視力が十分あっても目のケアをしたほうが良いんですね。

まずは視力ケアサプリを取り寄せて、ブルーライトの刺激から目を守ってあげましょう。

 
ページのトップへ