休肝日の効果とメリット、必要性について

お酒を飲まずに肝臓を休める休肝日って、本当に健康に良いの?と思う事ってありますよね。実は、方法を間違うと効果が全然出ない場合もあるんです。そこで、正しい休肝日の頻度や期間、メリット、休肝日の効果を高めるサプリメントなどを紹介します。

肝機能の回復に休肝日は必要?肝臓に対するメリットと休肝日の取り方まとめ

健康のためお酒を飲まない休肝日ですが、ただ禁酒の日を作るだけでは効果が出ない事をご存知ですか?

休肝日の頻度や期間、普通の日の飲酒量、休肝日の効果を高める肝臓サプリなど、しっかり効果を出すためには正しいやり方をマスターする必要があります。

そこで、本当に効果が出る休肝日の作り方や、そのメリットも紹介したいと思います。

効果が出やすい休肝日の作り方5ポイント

まず最初に、休肝日の正しい作り方を紹介します。日数が足りなかったり、休肝日以外に飲みすぎると効果が出ないので注意したいですね。

  • 週に2日以上ずっと続けるのが理想
  • お酒OKの日でも飲み過ぎは厳禁
  • 代償行動法でストレスフリーに
  • お酒は大量に買い溜めしない
  • サプリメントで肝臓の休息効果UP

休肝日は週2回以上の頻度で作るのが理想

休肝日はアルコールの摂取量を減らし、肝臓を休めるため週2日程度が理想的と言われています。

これは公益社団法人アルコール健康医学協会でも呼びかけているやり方なんですね。2日連続で休肝日にしても良いですが、何日かおきに休肝日を作るとストレス少なくお酒が控えられますよ。

休肝日の習慣はどれくらいの期間続ければ良い?

もうひとつ気になるのが、どれくらいの休肝日の習慣を続ければ良いかという事ですよね。理想はずっと、週2回の休肝日を続ける事です。

一時的に休肝日を作ったおかげで肝臓や体が健康になっても、また飲み過ぎては意味がありません。結果を出すには、休肝日の習慣をできるだけ長く続けましょう。

休肝日以外に飲み過ぎたら効果は出ない

そして、休肝日以外の日はいくら飲んでも良いんだ!というわけでもありません。厚生労働省によれば、1日のアルコールの適量は20g、おおよそアルコール度数5%の缶ビール1本強くらいなんですね。

このアルコール量を一週間で計算すると140gになります。缶ビールだと8本分くらいなので、休肝日以外の日は缶ビール1〜2本が肝臓や体を傷めない適量なんです。

適量しか飲まないなら休肝日がいらない場合も

逆に、毎日缶ビール1本で満足なら一週間の飲酒量も適量なので、休肝日を作らなくても良いと言えます。

日本総合健診医学会誌に発表された論文でも、アルコール量約20gの日本酒1合くらいなら毎日飲んでも大丈夫としているんです。

ただ、毎日制限を守るのはつらいので、休肝日を作り「今日は飲まないぞ!」と決心するほうが毎日にメリハリが生まれ、お酒を控えやすくなりますよ。

参考:飲酒指導における“酒週量”の有用性について|日本総合健診医学会

お酒を飲みたい気持ちは代償行動法でスッキリ

しかし、お酒が大好きな人にとって飲めない日があるのはやっぱり辛いですよね。そんな時は代償行動法をマスターして休肝日のストレスを紛らわす事が成功のコツです。

お酒に代わる楽しみ、つまり運動や趣味、読書など、とにかく楽しい事や心地良い事をしてお酒を控えるのが代償行動法です。例えば、休肝日の習慣と一緒に趣味を始めたり、新しい本を読み始めるといいですね。

代償行動法は人によって違うので、お酒以外に自分が好きな事って何だろう?と考えてみましょう。

お酒の買い溜めは誘惑になるのでNG

他にも、ついつい節約になるからと、安売りの時にビールやチューハイを買い溜めしていませんか?たくさんのお酒があると飲み過ぎてしまい、休肝日を作る意味がなくなります。

買い溜めてもせいぜい1週間分程度、普段目につく場所には置かないようにしましょう。

肝臓サプリの併用で休肝日の効果がUP

休肝日の裏技として、肝臓の解毒や再生の機能を助けるサプリメントを摂取し、休肝日の効果を高める方法があります。

特におすすめなのは、ウコンに含まれるクルクミンやしじみに多いオルニチン配合の肝臓サプリです。解毒作用を補助して肝臓のダメージを減らすのがクルクミン、肝臓の組織再生を助けるのがオルニチンですね。

コンビニでもウコンのドリンクは売っていますが、コスパを考えれば錠剤のサプリがおすすめです。今ならネットで質が良く適正価格の肝臓サプリが買えるので、ぜひ取り寄せてみましょう。

しかし、休肝日を作ると肝臓が休まるのはなんとなくイメージできますが、実際に体はどのように変わるのでしょうか。次で、休肝日の具体的メリットも紹介します。

週に2日の休肝日を作る5つのメリット

休肝日のメリットは肝臓を休ませて回復させる事ももちろんですが、いろんな病気や肥満なども予防できるんです。それぞれのメリットがどうして起こるのか、詳しく説明しますね。

  • 肝臓の休息でγ-GTPなど肝機能値が安定
  • 中性脂肪や糖が控えられ肥満などを予防
  • 肝臓の病気や脳卒中、心臓病なども防ぐ
  • 胃や腸など消化器の粘膜の荒れが防げる
  • 節酒効果でアルコール依存症のリスク低下

肝臓を休ませると肝機能値の回復に繋がる

アルコールは人体にとって毒素なので、肝臓はそれを分解して無害なものに変えるたびにダメージを受けます。休肝日を作る事で、そのダメージから回復する余裕を肝臓に与えるんですね。

そして、その解毒や回復の能力を超えるくらいお酒を飲みすぎると、肝炎や脂肪肝などアルコール性肝障害を起こしてしまいます。

そういった病気になる前に、飲み過ぎていないか目安になるのがγ-GTPという血液検査の項目です。γ-GTPはアルコールを飲むと血液中に増える性質があるので良い目安になるんですね。

γ-GTPが休肝日を作った事で下がったなら、効果が実感できているという事なんです。

休肝日を作れば肥満や脂肪肝も防げる

そして、お酒はカロリーと糖質の塊です。肥満や中性脂肪の増加、脂肪肝を招く危険があるんですね。缶ビール1本で140kcal、焼酎ロック1杯で70kcal前後とあっという間にカロリーオーバーになります。

すぐに使われない糖質は中性脂肪になって体や内臓、特に肝臓に蓄積します。肝臓に邪魔な脂肪が溜まって膨むと、肝機能が落ちる脂肪肝という病気になるんですね。休肝日でお酒を控えればこれも予防できます。

肝臓の病気や生活習慣病の予防にも

脂肪肝になると肝臓は炎症を起こし、肝炎が起こります。肝炎が悪化すると肝硬変など命に関わる病気に発展する事もあるので、休肝日を作って肝臓のダイエットをしておくと安心です。

ちなみに、飲酒のせいで血液中の中性脂肪値が高くなるとコレステロール値も高くなる性質があります。

そのコレステロールが血管壁に付着して血管を細くするせいで血圧が上昇し、血管を硬くもろくする動脈硬化のリスクも高まるんです。

動脈硬化は悪化すると、脳や心臓の血管が詰まる脳梗塞や心筋梗塞など、突然死も招く病気を引き起こします。なので、健康診断の結果が良くない人は1日も早く休肝日を習慣にしましょう。

まとめると、休肝日の習慣は肝臓病や肥満を防ぐ、中性脂肪やコレステロール、血圧を安定させる、突然死を予防するなど、健康上のメリットがとても多いんですね。

胃腸がアルコールで傷つくのを防ぐメリットも

アルコールは胃腸にとって刺激になる成分なので、肝臓以外の臓器を守る意味でも休肝日が大切です。

内視鏡を使って胃の粘膜にエタノールやビール、ワイン、ウィスキーを直接吹き付ける実験を行ったところ、30分後には胃粘膜から出血したケースも実験で確認されています。

特に濃度10%以上のエタノールやウィスキーは、24時間経っても胃粘膜のダメージが残りました。ウィスキーはアルコール度数が40度前後なので、ストレートで飲むと胃に大きなダメージという事になるんです。

この胃腸のダメージが積もると胃潰瘍など胃腸の病気になる事があるので、休肝日を作って胃腸のダメージを回復する時間を作りたいですね。

参考:2012年 日本消化器病学会誌 アルコールと消化器疾患

アルコール依存症の予防にも休肝日が有効

ほかにも、休肝日はアルコール依存症予防にも効果的です。お酒を我慢する習慣が身につくんですね。しかし、中にはどうしてもお酒が我慢できない人がいます。

休肝日が2日続くとお酒が我慢できず飲んでしまう、お酒が無いとドキドキや手の震えなどの離脱症状が起こるという人はアルコール依存症かも知れません。その症状が出たら、専門医に診てもらうのが最優先です。

休肝日習慣とサプリメントでしっかり肝臓ケアしよう

休肝日は肝臓を休ませたり、アルコールの摂取量を減らす事で健康診断結果の改善、肝臓の病気や生活習慣病の予防、肥満の防止、アルコール依存症も防ぐ健康習慣だったんですね。

そして、肝機能を助けるクルクミンやオルニチンを含む肝臓サプリも一緒に摂取すると、さらに結果が良いものになります。

休肝日と肝臓サプリ、両方を週間にして肝臓や体をケアしましょう。きっと体調や健康診断の結果が変わってくるはずですよ。

 
ページのトップへ