DHAやEPAが中性脂肪を下げる仕組み

DHAやEPAが中性脂肪を下げる仕組みのイメージ
中性脂肪の値が高くて困る時、ホルモンや血管に作用し中性脂肪を減らす魚由来の成分DHA・EPAが効果的です。ここでは、DHA・EPAが中性脂肪値を下げる理由や、効果的な摂取方法などを分かりやすくまとめました。

中性脂肪を減らしたいならDHAとEPAを摂取するのが良い理由ってなに?

お酒や揚げ物は減らしたのに、健康診断の中性脂肪値が下がらない・・・そんな悩みが続いてませんか?

そんな時は、血管やホルモンに作用して中性脂肪を減らしてくれる、DHA・EPAを摂取すると良いんです。

ここでは、なぜDHA・EPAが中性脂肪の値を下げるのか、どうやって摂取したら良いのかなどをわかりやすく説明したいと思います。

多すぎると害になる中性脂肪とはどんな成分?

DHA・EPAが中性脂肪を下げるメカニズムを紹介する前に、中性脂肪とは一体何なのか、数値が高いと何がダメなのかを最初に説明しますね。

  • 本来は人間が体を動かすエネルギー源の中性脂肪
  • 肥満や脂肪肝、メタボリックシンドロームの原因に
  • 中性脂肪が上がると悪玉LDLコレステロールも上昇
  • 動脈硬化に発展すると脳梗塞、心筋梗塞に繋がる事も
  • DHA・EPAを摂取すれば中性脂肪の値が下がる傾向

人体に必要な成分だけど多すぎる事が問題

悪者のイメージが強い中性脂肪ですが、本当は体を動かすエネルギー源になる大事な成分です。ただし、現代人の食事が脂質やハイカロリーなものに偏っているので、中性脂肪が過剰になりがちなんですね。

健康診断の血液検査で測定するのは血液中に漂う中性脂肪の事を指しており、数値が高いまま放置すると、いろんな病気や健康問題が起きるんです。

中性脂肪が溜まるとメタボリックシンドロームに

エネルギーとして使われなかった血液中の中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として体に溜まっていきます。

肝臓に脂肪が溜まって機能が落ちる脂肪肝は肝硬変に進行すると命に関わりますし、メタボリックシンドロームも心臓や血管の病気に繋がる事があるので、中性脂肪はバカにできない存在なんです。

中性脂肪値の高すぎが招く病気はとても多い

中性脂肪が増える事で起きる病気はとても多く、命に関わる物も少なくありません。

症状が出る器官中性脂肪値が高いと起きる症状
血液・血管高コレステロール・高血圧・動脈硬化など
肝臓脂肪肝
心臓心肥大、心筋梗塞、狭心症など
脳梗塞など
その他・全身肥満・脂質異常症(メタボリックシンドローム・高脂血症)など

中性脂肪値が上がると、コレステロールが増えたり血圧も上がるなど体に変化が現れてきます。これも病気の前段階で、徐々に重病に進行していくんですね。

高すぎる中性脂肪値から命に関わる病気に進行するまでの流れも、次でちょっと説明したいと思います。

中性脂肪が重い病気を引き起こすメカニズム

中性脂肪と一緒に増えたコレステロールが血管壁に溜まると、まずは血管壁にコレステロールが入り込み炎症を起こします。そこにマクロファージという白血球の一種がコレステロールを食べに来るんですね。

しかし、マクロファージは悪玉コレステロールを食べるだけ食べたらそのまま死んでしまい、その死骸がプラークや粥腫と呼ばれる蓄積物に変わって血管の炎症をさらに悪化させます。

この悪循環のせいで血管は硬くボロボロに傷んで、いわゆる動脈硬化になってしまうんです。

また、血管にできたプラークが何かの拍子に破裂すると、血栓と呼ばれる無数の血の塊になって血管中に飛び散り、心臓や脳、あちこちの血管に詰まって大変な事になります。

この血管が詰まった状態が有名な心筋梗塞や脳梗塞で、死に至る事も多い病気なんですね。

ちょっと難しい話になりましたが簡単にまとめると、中性脂肪が高まると増えるコレステロール由来の蓄積物が血管をボロボロにし、最後は大事な臓器の血管が詰まって命に関わるという事です。

中性脂肪値を下げるにはDHA・EPAがおすすめ

中性脂肪自体は無害ですが、その数値が高いまま放置しているとこんなに悪影響があるんですね。

基本的に中性脂肪値を下げるのは運動や食事制限が大切と言われていますが、食事やサプリメントから摂取するだけで効果が見込める成分もあるんです。それがDHA・EPAなんですね。

相模中央化学研究所をはじめ、様々な機関がDHA・EPAが持つ中性脂肪への効果に注目しています。

参考:1996年 日本食品化学工学会誌 :ドコサヘキサエン酸(DHA),エイコサペンタエン酸(EPA)の生理機能

次は、DHAとEPAがなぜ中性脂肪を下げるのか、そのメカニズムを説明しますね。

DHAが中性脂肪を減らす3つの作用

DHAとEPAとは、生魚の脂に含まれるオメガ3脂肪酸です。そう言うとちょっと難しい感じがしますが、体中の脂肪を燃やすメカニズムなどを刺激して中性脂肪値を下げる脂の一種ですね。

DHAとEPAはそれぞれ違った効果を持つので、まずはDHAが中性脂肪を下げるメカニズムを紹介しますね。

  • 消化酵素リパーゼを活性化させ中性脂肪を作らせない
  • 赤血球と血管を柔らかくして血行を促し脂肪を燃やす
  • 中性脂肪値を下げる事で悪玉コレステロール値も下げる

消化酵素を活性化させて中性脂肪をバラバラ壊す

もともと中性脂肪はエネルギーの塊ですが、消化や分解を経てバラバラにしないかぎりエネルギーとしては使えません。つまり、消化のパワーが弱るとエネルギーが燃えず、中性脂肪が増えるんですね。

そこで、DHAを摂取するのが大事になります。DHAは脂肪をバラバラに分解する消化酵素リパーゼを活性化させるので、血液中の中性脂肪が増える前にエネルギーとして代謝してしまうんです。

ちょっと難しい話になりましたが、簡単に言えばDHAの摂取で中性脂肪が増えにくくなるという事ですね。

DHAの血液サラサラ効果で中性脂肪の代謝がUP

DHAはほかにも、赤血球や血管の細胞壁をぷるんと柔らかくする作用があります。今まで錆びた鉄パイプに石コロを通していたのが、ゼリーをゴムチューブに通す感じの血流に変わるんですね。

この、つるん!と赤血球が血管を流れる状態を血液サラサラと呼ぶんです。サラサラ血液は体の隅々までエネルギーを届け、中性脂肪を糖とエネルギーに変えてどんどん燃やします。

おかげで中性脂肪だけでなく血糖値も下がり、中性脂肪が下がる事で悪玉コレステロール値も下がるなど、DHAだけで一石三鳥以上の効果があるんですね。

EPAが中性脂肪を減らす3つの作用

DHAが中性脂肪の値を下げる事がよくわかりましたね。次はEPAがどうやって中性脂肪を減らすのかを説明したいと思います。

EPAはDHAよりも中性脂肪を減らす力が高く、医薬品エパデールとして脂質異常症やメタボリックシンドロームの治療に使われる成分でもあるんですよ。

  • 脂肪酸感受性細胞を刺激してGLP-1という痩せホルモンを出す
  • GLP-1は食欲抑制や血糖値の上昇を抑え中性脂肪を増やさない
  • 血をサラサラにし中性脂肪を燃えやすくする事で数値を下げる

痩せホルモンGLP-1で中性脂肪の上昇を抑える

EPAが中性脂肪を減らすメカニズムには、脂肪酸感受性細胞のGPR120(G-Protein Coupled Receptor 120)という、脂肪が増えすぎないよう見張る細胞が関係しています。

この脂肪酸感受性細胞にEPAが働きかけ「これ以上脂肪を増やさないでね」という指令を出すGLP-1という痩せホルモンを分泌させ、食欲を抑えたり消化をゆっくりにするんです。

食欲が減れば中性脂肪はもちろん減りますし、消化がゆっくりだと血糖値の上昇も抑えられます。血糖値を抑えれば血液中の糖が脂肪に変わる作用が少なくなり、中性脂肪が増えないんですね。

ちょっと難しい話になりましたが、痩せホルモンで中性脂肪を作らせないのがEPAの力なんです。

EPAも血をサラサラにする事で中性脂肪を燃やす

EPAはDHAと同じように赤血球などを柔らかくする作用のほかに、血小板凝集抑制作用、つまり血の塊を出来にくくして血液をサラサラにする作用があります。

そのおかげで、DHAと一緒に摂取すればエネルギーがもっと燃やされ中性脂肪が減るんですね。

しかしそのDHA・EPAはどうやって摂取すれば良いのでしょうか。いくつか方法がありますので、次で詳しく説明します。

DHA・EPAを摂取するならどの方法がおすすめ?

最初でも触れましたが、DHA・EPAは生魚に豊富な栄養素です。しかし、生魚を毎日料理して食べるのはお金も手間もかかりますよね。なので、もっと簡単な方法でDHA・EPAを摂取するのがおすすめなんです。

DHA・EPAの摂取方法の比較

DHA・EPAの摂取方法おすすめ度特徴
サバ・まぐろなど生魚調理の手間やお金もかかる・・・
ツナやサバなどの缶詰手軽だけど少々割高で塩分も多い
DHA・EPAのサプリメント飲むだけなので手軽でコスパ◎

調理の手間やお金がかかるので、生魚から毎日DHA・EPAを摂取するのは大変です。そして、DHA・EPAは酸化するとダメになる性質もあるため、新鮮な魚しか効果が無いのも大きなデメリットですね。

一方、新鮮な魚を手早く加工した缶詰だとDHA・EPAを手軽に摂取ができます。ただ、缶詰は味が濃くて塩分も多く、毎日食べると逆に動脈硬化などのリスクを高めてしまうのでおすすめできません。

1番のおすすめはDHA・EPAサプリメント

そこで1番のおすすめが、DHA・EPAのサプリメントなんですね。1日70〜100円程度のコストで、新鮮かつ十分な量のDHA・EPAが摂取でき、塩分の心配もいらないなどメリットが大きいんです。

中性脂肪の数値を下げたいなら、DHA・EPAサプリは試してみて損なしのアイテムですよ。

DHA・EPAで中性脂肪を減らす理由や方法のまとめ

では最後にDHA・EPAで中性脂肪が下がる理由、そのベストな摂取方法をまとめたいと思います。

  • DHAは消化酵素を助けて中性脂肪をバラバラに分解する
  • EPAが痩せホルモン分泌を促して中性脂肪生成をストップ
  • DHA・EPAは血液をサラサラにする事で中性脂肪を減らす
  • 高すぎる中性脂肪値を放置すると命に関わる病気になる事も
  • つまり中性脂肪を減らしたいならDHA・EPAのサプリメント

DHA・EPAはホルモンから血管まで様々な部分に働きかけ、中性脂肪を減らすんですね。

そして、中性脂肪を下げる事で高コレステロール、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、心肥大、狭心症、高血圧なども改善したり予防できるのも大きなメリットです。

中性脂肪を下げるだけでなく、命を守るためにもDHA・EPAのサプリを毎日の習慣にしたいですね。

 
ページのトップへ